その男、元凶暴につき・・・。

d0227429_426258.jpg


通称ゴリ
本名は誰も知らないし、知ろうともしない。

俺が彼と出会ったのはもう十数年前。
その頃にはまだあの傷はなかったように思う。

その頃の彼は子分を従え、風を切って文化街を歩いていた。
もちろん声を掛ける者など誰もおらず、いつもは粋がる呼び込み達は皆目をそらした。



そんな彼に再び出会ったのはそれから五年ほどたった秋の事だった。
久しぶりに会う彼は豹変と言っていい程変わっていた。

パンチパーマだった髪型は坊主頭の伸びた様な冴えない感じで、
ギラギラしていた鋭い目はその欠片さえも無いほどトロンと垂れ下がりとても穏やかだった。

ふと、その頭を見ると大きな傷が。

聞くと大きな事故にあったと言う。

詳しくは聞かなかったが親友の車に同乗していて事故に合い、
脳ミソが半分飛び出ていたと言うではないか。

よくそんな事故で助かったねと聞くと、
医者もビックリするほど奇跡的な回復力だったらしい。
しかも後遺症さえも残っていないというではないか。
奇跡だ。


その事故かららしい、彼が変わったのは。


喧嘩を売りまくっていたあの日々は嘘の様に穏やかに、
そしてギターを抱え、自分で曲を作り、かつては好き放題暴れていた文化街で
ストリートまでする様になったという。

もちろんそこまで変わった彼に皆気付きもしない。
その男が、あの肩で風を切っていたあの彼だとは。



そんな彼が何の因果か今うちの店で臨時のバイトとして手伝ってくれている。

昼間はとある工場で女性用生理用品に関わる仕事をやっており、
2年前には結婚もしたという。
が、宗教的な理由で1年程で離婚し、今は彼女募集中との事。

1人になって寂しいだろうと尋ねると、そんな事は無いらしい。

なぜか。

この子に癒してもらってるらしい。

d0227429_453114.jpg
d0227429_454253.jpg


中洲のソープランド、クライマックスの蛍ちゃん。

これ以上は彼のプライドと名誉の為、語らないが、良いらしい。


そんな彼、こんな感じで今日も頑張ってくれた。

つまみ食いする彼
d0227429_426347.jpg

もう一口
d0227429_4264993.jpg

あっ、みつかった!!
d0227429_4283947.jpg

見たーなー
d0227429_4271681.jpg

ごめーん
d0227429_429456.jpg



そんなこんなで、やっぱり多少後遺症が残ってると思われる彼ですが、
何事にも一所懸命なヤツですので、
よろしくお願いいたします。
by booze26 | 2011-10-30 04:33 | BOOZE的な・・・
<< たまには・・・。 良くも悪くも…。 >>